ビジョナリスト・フォーラム 2019

非連続な成長を成し遂げたい経営者必見!

未来志向型経営者によるプレミアムイベント!

将来のありたい姿(ビジョン)を明確に思い描き、組織を非連続な成長へと導いてきた未来志向型経営者のことを『ビジョナリスト』と定義。
ビジョナリストたちが熱い想いを大いに語る限定イベントになります!

プログラム内容

第一部 基調講演『全産業デジタル化時代のビジョナリー経営』
第二部 パネルディスカッション『非連続な成長のためのビジョナリー経営』
第三部 経営セミナー『ビジョナリストとビジョナリー経営とは?』
懇親会 非連続な成長を目指す経営者同士の交流会

開催要項

日時 2019年2月26日(火)16:00〜20:00
参加費用:10,000円 ⇒ ページ閲覧者限定特典割引 8,000円(税込)

イベントに参加いただきたい経営者

非連続な成長を目指したい経営者
組織を成長に導くためにどうすればいいのかを知りたい経営者
未来・ビジョンからの未来創造型経営を学びたい経営者
未来志向の仲間と大いに語りたい経営者
主催:株式会社MAP経営・株式会社フューチャーアクセス

第一部 基調講演
『全産業デジタル化時代のビジョナリー経営』

講師プロフィール

株式会社ブロードバンドタワー 代表取締役会長 兼 社長CEO
藤原 洋 氏
1954年福岡県生まれ。1977年京都大学理学部卒業
東京大学工学博士(電子情報工学)

日本アイ・ ビー・エム(株)、(株)日立エンジニアリング、(株)アスキーを経て、1996年12月、(株)インターネット総合研究所を設立。
同社代表取締役所長に就任、2012年4月、(株)ブロードバンドタワー代表取締役会長兼社長CEOに就任。

現在、(財)インターネット協会理事長、慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授、SBI大学院大学副学長を兼務。2011年4月独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学評議会評議員、2013年12月総務省ICT新事業創出推進会議構成員、2014年1月同省電波政策ビジョン懇談会構成員、2016年10月同省新世代モバイル通信システム委員会構成員に就任。

【代表著書】1998年『ネットワークの覇者』日刊工業新聞社、2009年『科学技術と企業家の精神』岩波書店、2010年『第4の産業革命』朝日新聞出版、2014年『デジタル情報革命の潮流の中で~インターネット社会実現へ向けての60年自分史~』アスペクト、2016年『日本はなぜ負けるのか~インターネットが創り出す21世紀の経済力学~』インプレスR&D、2018年『全産業「デジタル化」時代の日本創生戦略』PHP研究所、『数学力で国力が決まる』日本評論社 他多数。

第二部 パネルディスカッション
『非連続な成長のためのビジョナリー経営』

パネリストプロフィール

ビジョナリー経営を実践され、非連続な成長をしている現役企業経営者が集結
(モデレーター 株式会社 フューチャーアクセス 代表取締役 黒田 敦史氏)

日本環境設計株式会社 JEPLAN,INC
代表取締役会長 兼 CEO


岩元 美智彦 氏

1964年鹿児島県生まれ。

北九州市立大学卒業後、繊維商社に就職。勤務していた1995年、容器包装リサイクル法の制定を機に繊維リサイクルに深く携わる。

2007年1月、現取締役社長の高尾正樹とともに日本環境設計を設立。 資源が循環する社会づくりを目指し、リサイクルの技術開発だけではなく、メーカーや小売店など多業種の企業とともにリサイクルの統一化に取り組む。

2015年、国境を越えて社会起業家をつなげる世界最大のネットワークであるアショカのフェローに選出。日経ビジネスが選ぶ2017年の「次代を創る100人」に選ばれる。ユニークなリサイクルの取り組みが評価され、CNNやBBCなどの海外メディアからも注目されている。

著書『「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる』 (ダイヤモンド社 2015年)

Global Mobility Service 株式会社
代表取締役 社長執行役員/CEO


中島 徳至 氏

これまで3社を起業したシリアルアントレプレナー。2社目をフィリピンにて起業し赴任中、多くの人々が与信審査に通過できず車の購入や利用ができないという現実を目の当たりにし、Global Mobility Service株式会社を設立。モビリティを通じて真面目に働く意思のある貧困層に対して与信審査に通過する仕組みを構築し、FinTechサービスを提供している。主な受賞歴に、世界最大のグローバル起業家コミュニティのエンデバーにて「エンデバーアントレプレナー」に選出、Forbes JAPAN日本の起業家ランキング2019」にてBEST10に選出など。学会活動多数

ダイタンホールディングス株式会社
代表取締役社長


丹 有樹氏

1974年神奈川県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。

小学校4年生からテニスを始め、大学時代からJOPツアーという、日本のオフィシャルツアーに参戦。
大学卒業後はテニスコーチとして働き、その後日本の男子テニス界を活性化するため、 プロテニス日本株式会社の設立に参加。
2003年からは本格的に「名代富士そば」を運営するダイタングループの経営に参加。
徐々に硬直化していく組織に不安をおぼえ、新規事業を行うことを決意。
2012年10月にはグループでは20年以上ぶりとなる新業態、 「つけ蕎麦たったん」を 渋谷並木橋交差点にオープン。
2013年10月海外初店舗となるジャカルタ店をインドネシアにオープン(2014年7月閉店) 2014年9月台湾1号店をオープン(現在、台湾3店舗) 2015年3月フィリピン1号店をオープン 。

第三部 経営セミナー
『ビジョナリストとビジョナリー経営とは?』

講師プロフィール

株式会社フューチャーアクセス 代表取締役
三村 昌裕
株式会社フューチャーアクセス 代表取締役
株式会社ナレッジリパブリック 代表取締役
株式会社ポーラスター・スペース(北大発ベンチャー) 代表取締役(1月末就任見込)
株式会社モブキャストホールディングス(東証マザーズ) 社外取締役

東京工業大学 大学院博士前期課程修了(都市計画学専攻)

1999年、超高齢化社会の都市問題を見越しインターネットマンションを考案。情報インフラと生活支援サービスの融合を実現。ICTや日本の優れたテクノロジーを社会課題解決に活かした新規事業創造や次世代コア事業創造へのコンサルティング活動を一貫して実施。上場企業役員、ベンチャー企業役員等を通して社会的かつ経済的インパクトある事業、ハイ・インパクト事業創造を積極支援。自らも、2017年、相互扶助型社会再興を目的としてナレッジ・リパブリックを創設。2017年5月、ウィンザーで開催された社会課題解決に向けた国連、国際デーで同社の事業モデルをアナウンス。社会実証が期待される。
場所
TKPガーデンシティPREMIUM神保町
(東京都千代田区神田錦町3-22 テラススクエア 3階)
アクセス
都営三田線 神保町駅 A9出口 徒歩2分
都営新宿線 神保町駅 A9出口 徒歩2分
東京メトロ半蔵門線 神保町駅 A9出口 徒歩2分
東京メトロ東西線 竹橋駅 3b出口 徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線 淡路町駅 B7出口 徒歩7分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B7出口 徒歩7分
JR中央線 御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口 徒歩10分
JR総武線 御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口 徒歩10分

お申込みについて

※イベント料金については事前決済をお願いしております。
※本イベントは飛躍的な成長を目指す経営者の方、経営者とともに非連続な成長を成し遂げたい経営幹部の方を対象としています

成長志向の経営者同士の懇親会を企画しております

紹介者がいらっしゃる場合はご記入ください