Original

趣味の生活を大切に、お客様の夢をかなえる

株式会社ユウメディア
副社長 山崎 暁



山崎副社長がユウメディアに入社した経緯は何ですか?

ユウメディアに入社する以前は、不動産の営業をしていました。不動産会社ではそれぞれが顧客を持っていて、会社組織というよりは個人事業主の集まりのような形でした。

売上げが上がっていればいいという世界から来ているので、組織のというよりは、各々が自由に仕事をしていればよかったので、その点では楽でした。

不動産の営業の仕事をはじめて7~8年経った頃に、叔父である社長からユウメディアで働かないかという打診がありました。

同人誌即売会の企画運営という仕事は全く経験のない世界でしたが、初めてイベントを見に行った時に「こんなにたくさんの人が来場するのかと」と衝撃を受けたのを覚えています。これだけの人を惹きつける仕事に魅力を感じ、「これは、やらない理由はない」と思いユウメディアに入社することを決めました。


(イベント時の会場の様子)


経営幹部として入社され苦労されたことはありますか?

入社した当時、中間管理職、経営幹部的な立場の社員はおらず、社長の実現したいビジョンを戦術に落とし込んで伝える幹部社員がいなかったと思います。

そういった状態だったので、経営者と社員の間に立つ人間としてスムーズに入っていくことはできました。社員からすれば「社員の声に耳を傾けてくれる人が来た」程度の感覚だったかもしれません(笑)。

現在は、組織づくりを強く意識しています。幹部社員の育成まではできていないですが、役職者の育成など少しずつ組織の基盤を固めているような段階です。

組織として会社が健全に機能していくためには、社長が実現したいビジョンを戦術に落とし込んで、それを社員に浸透させて実行していくサイクルが必要になってきます。社員に対して期待値が高い分、求めすぎるところはあると思うのですが、抽象的な理想やビジョンを文字や形に落としてキチッと示していかなければ社員も動いていけないのではないかと思うんです。それが満足できるレベルではできていないのが現状ですね。

2014~2015年頃に、売上げがグッと上がったことがあり、自分の実力以上に数字が上がったことが今になって戦術面を強化できない足かせになっている部分もあるのではないかと感じています。


会社組織を強化するための具体的な取り組みを教えてください。

1~2年前には、組織を強化するために以前は縦割りだった仕事の構造も大きく変えて、全社員がある程度の種類の仕事をして横のつながりを持っていかなければいけないという方向性を打ち出しました。

ユウメディアは細かい単位で部署が分かれているのですが、どの範囲まで誰が決めていいか明確な裁量が決まっていなかったため、部署内で責任のある意思決定が円滑にできていないという課題があります。

私が入って解決することも多いのでしょうが、幹部兼現場リーダーのポジションを続けていると、いつまで経っても自律した組織にはならないので、仕組み化をしていかなければと思っています。

しかしながら規律でガチガチに縛ってしまうのはユウメディアの社風に合っていません。ある程度の役割と裁量を明確化し、その中で責任のあるリーダーを育てていかなければなりませんね。

社長からは「バランスを間違えると会社が面白くなくなる、ダメになる」と言われているので、少しずつ整えていきたいと考えています。社長が30年経営をしてきた経験からの言葉なので、そこには何らかの確信があるのだと素直に思えています。


二代目後継者としてどのような意識をお持ちですか?

大規模企業の社長だと、株主など外部の目が光っていますから、求められたことに対して迅速に応え、数字を示さなければいけません、言い訳ができないというプレッシャーも相当厳しいものがあると思うのですが、その点、オーナー企業だと「しょうがない」が言えてしまう甘い部分があるように思います。

ただ、ゼロからスタートさせた創業者は、様々なリスクを負って自分のやりたいことを自分自身に課して実現するバイタリティがありますよね。会社の土台がある状態から引き継ぐ後継者は、やはり経営目標を作成して、その数字に対して責任を持つというプレッシャーを受けていかないと甘えが生じてしまうのではないかと思っています。

私自身は、今はまだ目の前のことで「こういうことをしなきゃ」というレベルで、経営全体のことを深く勉強するというところまではいけていないのですが。


社員育成の際に心がけていることはありますか?

ちょうど大阪でのイベント開催に私が関わっていた仕事があり、最初の数回以降、会場との打ち合わせなどは私が帯同せずに社員に任せるようにしています。できるだけ人に頼らずに自分たちで仕事を回していく成功体験を得てもらいたいからです。困ったらすぐ相談に来るのはしょうがないですけどね(笑)。

スタッフへの接し方については、細かい部分で失敗しても画一的な対応をしないであるとか、ある程度考える時間を設けてあげたり、成長を促せるようにと考えています。それとコミュニケーションに関しては、とにかく一緒にいることを意識していますね。月に一回一緒に食事をする機会を設けています。そういったことを続けていくことでチームとしてもバランスが取れるようになってきました。

現場が一番大切だという実感はある反面、いつまでも私が現場に出続けるわけにもいかないため、少しずつ仕事をスタッフに任せられるようになればと思っています。

あとは、現場のリーダーだけでなく、経営面に携われるような幹部社員の育成も今後の課題だと思っています。ユウメディアには変に古株の幹部はいないので、私がスムーズに入ってこれたという側面もあるのですが、これからの体制では幹部となる人を育てていかなければいけないですね。


今後の展望について教えてください。

まだ先の話ですが、私の代だけでなく更に次の世代にユウメディアを引き継いで残していってほしいということはたまに考えます。

ユウメディアは「趣味の生活を大切にするお客様の夢をかなえること」をミッションとして掲げています。「うちはこういう業態です」といった具体的なものではなく「趣味」という幅広いゾーンの中で最高のサービスを提供していくということなんです。

敢えて同人誌業界に限定することなく、ミッション自体に幅を持たせているんです。そのミッションからブレないのが大事だと考えています。たとえば急に株取引を始めるだとか、不動産業を始めるといったことは絶対にありません。

事業展開としては、海外への進出も視野に入れていきたいと考えています。私自身、限られた市場を取り合うのではなく、幅広い視野で色んなところにビジネスを提供したいという想いがあるため、日本だけでなく海外も当然ユウメディアのマーケットに入ってくると思っているんです。フランスや台湾・香港でイベントを開催したこともあります。

2020年、東京オリンピックの際に、ビックサイトなど大規模なイベントを開催できる会場が使えなくなるため、現状のままでは売上げが大幅に下ることは避けられません。直近でそういった状況が見越せているので、ランニングコストを抑えて対応し、その中でも上手くイベントを開催しながら利益を生み出す体制の構築を目指しています。


​​​​​​​

 



<インタビュー情報>
株式会社ユウメディア
副社長 山崎 暁

この記事を読まれた方が他に読んでいる記事