Original

仕事を楽しみながらお客様の喜びを実現する企業を目指す

三立工芸株式会社
代表取締役社長 萩野 正和



創業から現在に至るまでの変遷について教えてください。

1960年に祖父が独立し、精密機械のマニュアルを制作するテクニカルイラスト事業で会社をスタートさせました。テクニカルイラストとは、言わばプラモデルの設計図の精密機械版です。初めは祖父が仲間を集めて三人で創業し、大手の精密化学メーカーが主要なお客様だったと聞いています。

私の父が二代目を引き継いでから、マニュアル制作だけでなく紙媒体の印刷業も手がけはじめ、企業のカタログや会社案内、教育機関の研究報告書や書籍などを制作するようになりました。

時代の流れとともに紙媒体だけでは厳しくなってきたため、私の代になってからは使用する媒体を拡げて、ノベルティ印刷、衣類や布関係、屋外の大きな広告看板の印刷など幅広い印刷事業を行っています。

一般的な紙媒体の印刷屋さんでは、ノベルティや布関係など特殊な素材にすぐには対応することはできません。それぞれ使用しているインクが異なるからです。三立工芸では6~7年前から特殊な素材への印刷に取り組んできているため、そういった分野でのインクに関する知識とノウハウを蓄積してきたことは他社と差別化できる強みだと思っています。



萩野社長はどのような経緯で三立工芸に入社されましたか?

三立工芸に入社するまでは調理師をしていたんです。料理に興味を持ち始めたのは小学4~5年生の頃。父親と一緒に釣りにいった際、釣った魚を父がさばいて料理してくれたのを見て料理に関心を持つようになりました。

学生時代、勉強がものすごく嫌いだったので(笑)、大学へは進学せず大阪の調理師専門学校に通い、卒業後は親の紹介でサウジアラビアの日本大使館で調理師として働き始めました。海外から帰国してからは赤坂の料亭で働いていたのですが、元々遊ぶことが大好きな性格で「もっと楽しいことがしたい!」と思い、料理の世界を飛び出してしまったんです。

調理師を辞めてしばらく経ってから、父からウチの会社でアルバイトとして働かないかと声をかけられ、2000年頃から三立工芸で働き始めることとなりました。

当時、印刷業界はアナログからデジタルに移行しつつある時期だったため、タイミングよく新しく導入したパソコンを使った仕事を担当させてもらえたのは幸いでした。当時パソコンに触ったこともなかったのですが、いざやってみるとパソコン上で仕事ができることが楽しくて夢中になってしまったんです。

新しく採り入れた技術で他の誰も分からなかったため、自分で勉強しに行ったり詳しい人から教えてもらったりしながらDTPの知識や技術を身につけてきました。ただ、当時はパソコンでモノづくりをしていることがただ楽しくて、父の後を継いで経営者になろうといったことは全く考えていませんでした。



どのような経緯で三代目として代表を引き継がれましたか?

2010年に父が病気のため入院し、その2年後に亡くなったことで、私が40歳の時に代表に就任することになりました。入院が長引いていたことを金融機関が心配して代表交代を要請されたため、父が亡くなる直前に私へ引き継ぐことを決めてくれたんです。

当時、私は専務の肩書きで営業の仕事をしており、父が入院する前の数年間は鞄持ちとして父に付いて回っていました。主要なお客様との顔つなぎは何とかできていたのですが、その他の部分では事業承継の準備は全くできていませんでしたね。

父は生粋の営業マンでマネージャーというよりはプレーヤーだったため、当時のウチの会社には人を育てる環境がまったくありませんでした。そのため、代表を交代してから、私より社歴の長い社員たちの多くが辞めてしまったんです。今も残ってくれているのは私より後に入社した社員ばかりです。

経営に関しては何も学んでこなかったため、就任した頃は見よう見まねで、上手くいかないことばかりでした。業績もどんどん下がっていっていたので、付いてきてくれた社員のためにも何とかしなければいけないと焦っていたように思います。



代表に就任されてから、どのようなことが変わりましたか?

代表に就任してから3~4年経った頃、ある経営者向けセミナーに参加したことで経営理念の必要性について考えるようになりました。ずっと経営理念を定めていなかったので、このままではまずいと思ったんです。

『全従業員の物心両面の幸福を追求するとともに 共通した夢を実現し共に成長して お客様の役に立ち 信頼され 感謝され 評価される企業経営を通して 社会の発展に貢献します』という経営理念を策定しました。

三立工芸の印刷事業はB to B to Cのビジネスです。お客様企業の先にいる消費者の方々に喜んでもらうことで、お客様企業のビジネスに貢献しなければ我々の仕事は成り立ちません。そのため、まずは幸せを与えることが自分たちの幸せに結びつくという思いを込めています。

経営理念を定めた頃から経営について本気で考えるようになり、また、周りの経営者の方々とお話しさせていただく中で、経営の厳しさや面白さを学ばせていただきました。経営に対する想いの強い諸先輩方から刺激を受けて、経営者としての自覚が芽生え、価値観が形成していったと思います



業績回復に向けた具体的な取り組みを教えてください。

私が就任する以前、先代の父の時から業績は厳しくなっていました。大手メーカーや教育機関からの仕事が売上げの8割近くを占めていたのですが、事業構造の変化や紙媒体の需要の低下により、受注する仕事が減ってきていたんです。

業績の低迷にともない財務面も厳しくなってきたため、必死で営業の強化に取り組みました。営業といっても新規営業ではなく、既存のお客様に対する提案営業です。幸いにして、大手メーカーやコンビニ、教育機関など大きなクライアント様とお付き合いがあったので、そういったお客様に対しての企画提案に力を入れたんです。

単なるモノづくりではなく、提案させていただく商材とお客様を紐づけてストーリー化するコトづくりを特に意識しました。モノを売っているだけではダメなんです。楽しいもの、喜んでもらえるもの、笑ってもらえるものに対してお客様は価値を感じてくださるので、どうやったら喜んでもらえるのかを常に考えていましたね。



ノベルティ制作など新しい印刷分野に挑戦されたのは?

お客様に喜んでもらえるような提案営業に取り組んできた中で、ノベルティ制作など紙媒体以外の分野に注力するようになってきました。ノベルティとして扱っている商材は、Tシャツやトートバック、付箋、ボトル、コースター、スマートフォンケースなど多岐に渡っています。

ノベルティは企業PRとして本当に面白い効果を発揮するんです。たとえば、アメリカの食料品チェーンDean & DeLucaなんて凄いですよね。消費者がロゴ入りトートバックを持ち歩いて勝手に企業のPRをしてくれているんです。ノベルティはアイデア次第でものすごい可能性のある分野だと思っています。

三立工芸ではノベルティグッズだけでなく着ぐるみ制作なども取り扱っています。紙媒体の広告などを制作させていただいていた大手コンビニの企業からキャラクタープロモーションについて相談された際に、着ぐるみを提案させていただいたのがきっかけでした。企画から制作までをトータルでサポートさせていただいているため、こういったプロジェクトを成功させることができたんです。

印刷事業の中でも新しいことにチャレンジしてきたことで業績も順調に回復してきましたし、何より仕事がどんどん楽しくなってきています。これからもお客様に喜んでいただけるような企画提案には力を入れていきたいと思っています。




今後の展望について教えてください。

紙媒体の需要は今後も減り続けていくと思いますが、やり方を変えていくことによって印刷業はまだまだ良くなっていける業種だと思っています。世の中にインクを使っていないものなんてほぼありませんからね。

ネット印刷の企業が登場し価格破壊の波が押し寄せてきていますが、どれだけ価格を下げられるかというのは企業努力の結果なので、それはそれでいいと私は考えています。ただ、それに価格面で対抗するのではなく、独自性のある強みを発揮してお客様から選んでいただける企業にならないといけないですね。

三立工芸では自社だけでは制作できない印刷物など、協力会社に助けていただきながら対応させていただいています。自社だけでできることには限りがあるので、強みを持った企業同士がタッグを組んでお客様の要望に応えていくことが今後ますます必要になってきます。

数字的な目標としては売上げを5年後に今の5倍にする目標を掲げています。これまではどちらかというと受け身の姿勢だったので、お客様企業の販促費予算に合わせた攻めの提案を進めていくことで達成することは十分可能な目標だと思っています。そのためには、社内スタッフの育成と社外ではパートナー企業との提携が必要不可欠です。

私は、仕事はとにかく楽しくないとイヤだと考えています。ノベルティの提案をする際も、ガチガチに真面目なだけではなく面白くして楽しいと思うことが大切だと思っているんです。これからも仕事を楽しみながらお客様に喜んでいける会社として成長していきたいと思っています。





 

<インタビュー情報>
三立工芸株式会社
代表取締役社長 萩野 正和
会社ホームページ http://sanritsu-net.co.jp/

この記事を読まれた方が他に読んでいる記事